MENU

仕事を知る

システム開発

一つひとつの山を乗り越えて
プロとして成長する。

立谷 亮介

先端技術開発室 基盤開発課
2007年入社

 

現在の仕事について

現在私はネットワーク上で動作する新規商品の開発を行っています。当社の主力製品である自動車アフターマーケット向け業務支援システムのネットワーク化プロジェクトの一環として業務を担当しています。これらのシステムは多くのお客様に長年にわたってご利用いただいており、今後も引き続きご利用いただくためには、クラウド化が一般化しつつある現状を踏まえてユーザーのニーズに応えた仕様へと変えていかなくてはなりません。そうした意図のもとでのプロジェクトとなります。

これは全社を挙げてのプロジェクト、社運を賭けてのプロジェクトです。その責任は非常に重いと感じています。現在私は入社12年目。当社の過去を振り返るとおおよそ10年に一度のペースで大きな変革が起きており、今回のプロジェクトもその一つです。“とうとう自分にもこのチャンスが巡ってきた”という思いで、取り組んでいます。

プロジェクトは順調に進んでおり、予定通りにリリースされます。ネットワーク製品は定期的なアップデートが重要なので、リリースしたからといって一息つくようなことはありません。「さすがブロードリーフ」とお客様に言っていただけるような完成度を目指し、リリース後も引き続き取り組んでいきたいと思います。

仕事のやりがいについて

私がブロードリーフという会社を知ったのは、高専時代に参加したプログラミングコンテストでした。当時感じていたのは、プログラミングを通じたモノづくりの喜びです。その本質的な部分は、仕事として取り組むようになった今も変わることはありません。お客様が抱えている課題、開発のフレームワークやアーキテクチャ、プログラム1行1行の細部に至るまで、開発においては沢山課題があります。その課題を一つひとつ解決し、より良いモノづくりを進めていくのは、この仕事ならではの醍醐味です。

そしてそれ以上に大きいのは、自分の書いたプログラムを誰かが使ってくれるという喜びです。お客様が実際の業務で当社の製品を使ってくれて、ユーザーとしての意見をフィードバックしてくれることは、大きなやりがいです。

今でも印象に残っているのが、入社1年目に任された、地図を操作して旅行の工程表を作成するというプログラムです。新人にとって実装難易度の高い仕事でしたが、苦労しながらもやり遂げることができました。そのプログラムに対して「今までとは比べものにならないぐらい、使いやすい」という声をいただいたときは、とても嬉しかったです。もちろん中には「使い方が変わったので違和感がある」というご意見もありました。次はそうしたユーザーの方に「さすがブロードリーフだね」と言っていただけるようなプログラムを書いてみせるという決意が、成長へのモチベーションにつながっています。

成長を感じる瞬間

入社以来、いくつものプロジェクトに参画し、その都度、新しいテクノロジー、新しい業務知識を学んできました。きっと会社は私の成長度合いを見て、常に新しい山を越えられるようなプロジェクトにアサインし、成長を促してくれたのだろうと感じています。目の前の山を一つひとつ乗り越えることで、着実に成長してきました。

私自身、これまで関わってきたどの業務においても、納得のいくまで仕事をすることにはこだわってきました。自分でやりきったという実感があれば、成果物の内容に指摘があっても新しい発見があるからです。

今回のネットワーク化プロジェクトについては、サブリーダの立場としてマネジメント業務にも携わっております。また、メンターとして新入社員の教育も担当しています。これも私にとっては、登るべき新しい山。納得できるまで、とことん取り組みたいと考えています。

実現したい未来とは

個人的には、技術的なスペシャリストを目指しています。具体的には、UIやUXなど、ユーザーとシステムの橋渡し部分で画面や手触りを追求していく技術者になりたいと考えています。昨今ではAR・MR・VRの登場で、劇的にUXが変わろうとしています。ARは旅行などのエンターテイメントとの相性が良く、MRは伝統技術の教育に適しています。またVRは、ゲームや3Dライブといった仮想空間のコンテンツの行き着く先だと考えています。そうした最前線の技術を取り込み、お客様により使いやすい“手触り”を提供したいと考えています。

私は、ITを知らないために損をしている日本人が多いと感じています。ネットで買い物をすれば時間や距離を簡単に乗り越えられるように、ITを使いこなすことで日々の生活はもっと便利になっていきます。そうした利点を理解してもらい今よりもっと使いこなしてもらえるような世の中にしていきたいと思っています。私がこれから取り組んでいくUIやUXといった技術は、その意味でも大きなインパクトを持っていると思います。

 

一日のスケジュール(例)

9:20
裁量労働を効かせて、遅めの出社
9:30
朝会(チームの情報共有)
10:00
開発業務
11:45
昼休み、同僚とランチ
13:00
開発業務再開
19:00
納得いくまで仕事をして、退社

プライベートの過ごし方

オンとオフはしっかりと切り離して考えるタイプなので、プライベートではとにかく趣味に打ち込みます。最近よく行くのは、キャンプや登山。休日に家でゲームばかりしていた私を見かねた会社の仲間に誘われ、参加するようになりました。これが想像以上に楽しくて、今では夕方に富士山を登り始めて山頂で一夜を過ごすほどになりました。一番の楽しみは、大自然の中で味わうコーヒーです。仲間が本格的にドリップして淹れてくれたコーヒーの美味しさは、まさに衝撃的でした。この趣味はこれからもできるだけ長く続けたいと思っています。日本の百名山をぜひ制覇したいですね。

PAGETOP