事業を知る

マーケットについて、ブロードリーフの強み

ブロードリーフの事業内容

自動車アフターマーケット業界向けを中心に、自社開発の業務アプリケーションやネットワークサービスを提供しているソフトウェア・ITサービスの会社です。

部品メーカー、部品商社、整備工場、鈑金工場、リサイクル業者、カー用品店、ガソリンスタンドなど多くのプレイヤーが存在する巨大マーケットです。

私たちのお客様は、自動車の修理工場(車検や点検をする整備事業者や、ボディのへこみを直す鈑金事業者など)、部品商といった自動車アフターマーケット(※)のお客様を中心に、機械工具店、ケータイショップ(携帯電話販売代理店)、旅行代理店など3万社以上に広がっています。

※自動車アフターマーケット:自動車を購入してからの、給油、自動車アクセサリーの購入、車検、点検、部品交換、車の売却、廃棄処理などの市場を指します。

これら部品・用品の販売やメンテナンスサービスを併せた自動車関連のアフターマーケットの市場規模は、消費者ベースで約10兆円にのぼると推定されています。日本の自動車アフターマーケットは、「自動車大国」日本ならではの、巨大なマーケットを形成しています。

例えば自動車アフターマーケットでは、川上から川下まで多くの業種で、業務に不可欠なデータベースを活用した業務アプリケーションが利用されています。さらに、共通のネットワーク技術によってお客様同士の業務が連携することで、情報の活用が大幅に向上します。

自動車市場環境(データ)

国内自動車保有台数

新車販売の苦戦に対し、自動車保有台数(軽自動⾞を含む乗用車)は増加傾向が続いています。

国内自動車保有台数
平均使用年数(※)

車齢9年以上(4回目の車検も受検済み)の車が増加しており、整備・点検需要や部品・消耗品の交換需要が拡大しています。

平均使用年数
整備事業者数

自動車の分解整備(※)は、「認証工場」で行う必要があります。認証工場のうち、設備、技術、管理組織等について一定の基準に適合した工場を「指定工場」と言いますが、近年、指定工場の比率が上昇に転じています。

整備事業者数

ブロードリーフの特徴と強み

安定した収益基盤と他社にない成長機会をあわせ持ちます