株式会社ブロードリーフ

株式会社ブロードリーフ

JOB LIST

リモートワークでも威力発揮!Broadleafで使用しているグループウェアのご紹介

こんにちは、新規事業推進本部の杉浦です。
全国の緊急事態宣言が解除され、少しずつ日常が戻りつつありますね。ブロードリーフでも部署によって少しずつ出社を増やしておりますが、まだまだリモートワークを併用することは多くなりそうです。


ブロードリーフでは、「G Suite」というグループウェアを全社で導入しています。出社して仕事をしていても、もちろん便利なのですが、リモートワークになってから、この「G Suite」の便利さをものすごく実感しています。
そこで、今日はブロードリーフで使用しているグループウェア「G Suite」について紹介したいと思います。
これまで在籍してきた会社では他社のグループウェアを使用していましたが、個人的にはG Suiteが最も便利で、作業効率性は一番高いと感じています。

G Suiteとは

G Suiteは、Googleが提供するグループウェアサービスです。個人でもよく利用されているGmailやGoogleカレンダーに加えて、Google DriveやChatなど、企業活動に必要なツールが利用できます。


GoogleおよびGoogleロゴは、Google LLCの登録商標であり、許可を得て使用しています。

ここがすごいよ!G Suiteの特長

特長1:シンプルかつデザイン性の高いインターフェース


個人で利用されている方もイメージが湧くと思いますが、Googleのアプリのインターフェースはシンプルかつデザイン性が高く、直感的に使用できる仕様になっています。デザインも変更することができて、個人的には気分を変えることができて楽しく仕事ができると思っています。


GoogleおよびGoogleロゴは、Google LLCの登録商標であり、許可を得て使用しています。

特長2:アプリ間の連携がスムーズで、作業効率が高い


カレンダー上でタスクを日時指定して登録したり、スケジュールを登録するとオンラインミーティング用のURLが自動的に発行され、参加者はURLにアクセスするだけ、などアプリケーション間の連携がスムーズです。ちなみに、この記事を書いている2020年4月はコロナウィルスによる緊急事態宣言で在宅勤務をしていますが、オンラインミーティング中心の業務への切り替えもスムーズでした。

特長3:それぞれのアプリの利便性が高い

①Googleカレンダー


個人で使用している人も多いと思いますが、G Suiteでは企業活動用に追加された機能もあり、非常に便利です。例えば日程調整の際に、関係者のスケジュールを横並びに表示することはもちろん、カレンダー上で空き会議室を調べて予約できたり、会議への参加可否を管理できるなど、日程調整が非常に楽です。僕の仕事の役割上、日程調整をよく行うので、本当に助かっています。。。



GoogleおよびGoogleロゴは、Google LLCの登録商標であり、許可を得て使用しています。

②Spread SheetとSlides、Docs


G SuiteにはMicrosoft Office®︎のExcel®︎、Powerpoint®︎、Word®︎と同様の機能を持つアプリケーションがあります。エクセルに対応しているのが表計算ソフトであるSpread Sheets、パワーポイントに対応しているのがプレゼンテーションソフトであるSlides、ワードに対応しているのがワープロソフトであるDocsです。
ブラウザ上で使用するため、共同作業が容易なのがとても便利です。
マイクロソフトオフィスに慣れていると操作性に少々不便を感じるところはありますが、それぞれのソフトとの互換性があるため、実務上はそれほど問題ありません。社内用の資料としてはG Suiteのアプリケーションだけで完結し、共有も画面右側でポチッと1クリックするだけなので、非常に簡単です。


GoogleおよびGoogleロゴは、Google LLCの登録商標であり、許可を得て使用しています。

③Keep


Keepはシンプルなメモ帳機能です。使い勝手は非常に良く、カレンダーアプリ上でサッと表示させることができるため、ちょっとしたメモにも活用できますし、ミーティングの議事録用のメモにも使用できます。また、社内共有も簡単にできることも強みの一つです。


GoogleおよびGoogleロゴは、Google LLCの登録商標であり、許可を得て使用しています。

④Chat・Meet


Chatはチャット機能を、Meetはオンラインミーティング機能を備えたアプリ。在宅勤務に移行してから、簡単なコミュニケーションや、社内のミーティングは全てこの二つのアプリを使用しています。社内メンバーはもちろん、社外の方も参加することができるため、在宅勤務への移行は比較的スムーズにいきました。
なにより、離れていても、お互い顔を見てコミュニケーションが取れるのは、いいですよね。 プレゼン資料の共有もワンタップで可能なので、本当に便利です。


そのほかにも大容量で使用できるGoogle Driveや、社内SNSとして活用可能なGoogle+など、豊富なアプリケーションがあります。G Suite自体が便利なのはもちろんですが、元々社内のコミュニケーションがフラットなブロードリーフの社風にもマッチしたグループウェアだと感じています。

終わりに

ビフォーコロナとアフターコロナでは、おそらく働き方だけでなく、人々の価値観は大きく変わっているのではないかと思います。
より個のチカラが必要とされ、試されるときではないでしょうか。
ブロードリーフでは、一人ひとりが働く環境に左右されることなく、それぞれの持つポテンシャルを十二分に発揮でき、事業を通して世の中に貢献できる企業であり続けるために、社員の働く環境整備に継続的に取り組んでいます。

INTERVIEW

【縁の下の力持ちVol.2〜 総務部 総務課 課長 奥駿佑 〜】

海外生活と音楽活動、そして転職。すべての経験を糧に ...
Read more

【縁の下の力持ちVol.1~ 管理本部 情報システム部 情報システム課 石川雄介 〜】

大企業からベンチャーでのエンジニア経験を経て、情報 ...
Read more

その仕事は何のためか?突き詰めたうえで楽しむことが成長につながる

ブロードリーフの首都圏支店は、1都9県をまとめるも ...
Read more

3年間売れない営業マンだった新入社員が3冠達成した理由

ブロードリーフは自動車アフターマーケットのみならず ...
Read more

REPORT

記事一覧へ

JOB LIST